日記

【2021年03月の日記】bundleとbouquetièresに朗読を チーズケーキは新世界だぜ の巻

今月も自分の生活を客観的に振り返るため日記を認めます。

2021年03月の目標
  • 1日3時間マーケティングを学ぶ時間を作る
  • SEOを意識した記事を週に一本以上書く
  • 毎日60分以上運動する。運動のレベルは問わない(散歩でも筋トレでもOK)。とにかく毎日継続する。

(振り返り記事は以下)

https://kotae-writer.tokyo/diary/summary-of-202103/

(先月の日記はこちら)

https://kotae-writer.tokyo/diary/february-2021-diary/

3月1日(月)

先週の間中ずっと体調が悪かったので、いよいよ病院へ。
午前中、Blogを更新しようとカフェに入った。ダッシュボードを開いたところ、「サイトに重大なエラーがありました」と表示されていてかなり焦った。

いろいろ試したが、結局Hello Dollyというプラグインを削除したら解決した。45分近く使ってしまい、意気消沈した。

その後通院、もう一度カフェに入りPCを立ち上げたが、いくつかの記事をリライトしたらヘトヘトになってしまい、新規投稿ならず。とはいえ、ここまで出来ただけで素晴らしい成果だと言える。(先週に比べれば)

今日ある程度動けたのは、昨日の日向ぼっこが効いたのかも知れない。毎日午前中はエアロビや散歩に時間使おうかな。体力づくりをすれば解決できそうな気がする。

ということで、3月の目標は「体力づくり」にする。具体的にはメンタルタフネスシートの1~5までに毎日チェックを入れられるようにすることだ。騙されたつもりで一ヶ月取り組んでみて、4月以降の生活と1~3月までの生活を比較してみよう。

あと今月は各日をどう過ごしたか(時間の使いかた)を記録することにした。明日からやります。

3月2日(火)

今日からざっくり、どんな1日の過ごし方をしたか記録することにした。今日はこんな感じ。

偉かったのが掃除の時間を持ったところ。MTGアリーナのアカウントと、AirPodsを出品した。同時に、直近一ヶ月以内に読めない本を処分することに決めた。本棚がいっぱいだと、可視化された山積みのタスクを突きつけられているようで気が滅入ってしまう。(ワクワクするという人もいるようだが、自分はそう思えない)

自分はモノを減らすと、それに伴って精神的な負荷も減ることが多い。向こう一週間くらいかけて、本を読んだり売ったり捨てたりする。

極端に長生きするのは無理ですが、余計なことを切り捨てて自分にとって必要なことや好きなことだけを残して「生きる密度」を高めていけば、結果として200年くらい生きたことになれるような気はするのでw、そんな感じで1日を大事にしていきたい所存です

上記、すごく良い言葉ですね。「やり抜く力 GRIT―人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」に、バフェットの目標達成の3ステップが書かれていた。

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4478064801/

読了してから一ヶ月くらい、自分にとっての仕事における「もっとも重要な5つの目標」とは何かを考え続けていたのだけれど、今日なんとなく言語化出来たのでメモしておく。

ぼくの仕事の価値観「もっとも重要な5つの目標」
  1. 日本語 美しく正しく分かりやすく
  2. マーケティング・金融に秀でている
  3. 正しい影響力を持つ。清く正しく品行方正に金を稼ぐ。
    目先の金より名誉が欲しい。金より品性、徳行、名声、信用に価値基準を置く。
  4. 年商600万円を超える完全ノマドフリーランスになる
  5. 非営利団体や公共事業への参加・協力をする

まだ定まっていないところもあるけれど、自分の仕事にとって最重要なのは間違いなく上記5つかな。

ぶっちゃけブログを始めたばかりの頃は、アクセス数も少ないし、収益が出るイメージがまったく持てず萎えていました。
しかし、目標のブロガーさんを見ながらモチベを上げて、必死に記事作成したら、半年ほどで月5万円を超えるように。最初の6ヶ月間は、先が見えない中でもがく大切さを学びました

今まさにこんな気持ちだ。(オンラインのメモ帳として割り切るか、収益を目指すかでそもそも揺れている感じでもあるけど)
Tsuzukiさんの文章は心にスッと入ってくるし学びが多い。好きだ。

今日は1記事更新しました。先月の振り返り記事。

3月3日(水)「虚無の日」

今日の24時間。

・昨日「1日3時間マーケティングを学ぼう」と決めたが、今日はそれどころではなかった。とはいえ、意志の力を振り絞って趣味の時間を確保したり、1時間しっかり運動したり出来たのは我ながら素晴らしい取り組みだった。

・学生時代に「気持ちが落ちたときはゲームをやったほうがいい」と何かで読んだ記憶がある。特に音ゲーが良いとされていて、その理由は、ボタンを押すたびに「NICE!」「GREAT!」などと褒めてくれるのが良く、ミスをしても凹む前に次の音符が落ちてくるからだそう。

・このブログを1ヶ月で100記事にしたのは我ながらすごいことだと思っているんだけど、音ゲーみたいに自分に「すごいぞ」と言ってあげるような仕組みがあってもいいのかも知れない。更新数が増えればいいというわけではないけど、更新しない限りは前に進まないもんね。

・やる気のスイッチの入れ方を探そう、という話でした。

・ネットで仲良くなった人に「ブログを見たい」と言ってもらえた。更新してないブログはとても見せられない(しかも2日前までエラーを吐いていた)ので、それもモチベーションになってくれている

・今日は「ビブリオバトル」に関する本を読んだ。ビブリオバトルとは5分で本をプレゼンし合う遊びのことだ

・本を読むよりもアウトプットに時間がかかることがままあるんだけど、「本の感想を5分喋り、それを基に記事にする」というのはアリかも知れない。早速明日からやってみよう

・昨日、自分の仕事の価値観として「美しく正しく分かりやすく日本語が使えるようになりたい」と書いた

・その第一歩として、毎日意図的に複数の辞書を引こうと思う

・今日は「透明」を調べる

透明
  • 水・ガラスなどのように、それで間が隔てられても向こうが見渡せる様子だ。
    (新明解国語辞典第七版)
  • すきとおっていること。よく光をとおすこと。また、そのさま
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①光がその物質をよく通り、すきとおって見えること
    ②比喩的に、物事(が隠されず、そ)の見通しが明らかに分かること。

    (岩波国語辞典第八版)

・自分は旺文社の説明を想定していたが、確かに岩波にある「見通しが明らか」というのも透明の要素だ

・完全に思いつきで始めたら予想以上に面白かった。明日もやります

・おやすみなさい

3月4日(木)「意志の力」

・今日の僕はめちゃくちゃ偉い

・起きた瞬間「あ、今日は無理な日だ」と確信。その予感?は的中し、午前中は虚無の時間だった。

・そんな今日の24時間がこちら

・午前中を棒に振ったにも関わらず、午後から気を取り直し運動や読書、執筆をした

・先月の日記にも書いたが、運動すると少しだけ気分が晴れる。その微妙な上昇気流に乗れるかで1日を充足させられるかが変わる

・何か、自分の中でスイッチになるような行動を見つけるのが大事な気がする。「ヘッドフォンをつけることを仕事の第一歩にしている。気分が上がらなければ仕事などせず音楽を聞いて過ごそうと思うけど、実際はノイズキャンセリングで快適に仕事ができる」というエンジニアがいるという話を聞いたことがある

・今のところはコーヒーを淹れることかな。管理画面を開いて何でもいいから文字を打つと、それがきっかけで数時間執筆に集中できたりすることもある

・ところで今日は、嬉しいものがポストに入っていた。

mixhostさんのTwitter懸賞に当選し、賞品の付箋が届いたのだ!

色のバリエーションを全て入れてくださっている
外装は名刺入れのような質感で高級感がある。銀のロゴもオシャレ
4色の付箋+大きな付箋もセットになっている

・今契約しているのがmixhostさん。お名前.comから乗り換えて使っているが、この選択は正解だった。もう5年になるのかな。サーバーの品質はもちろん、問い合わせに対する解答がめちゃくちゃ丁寧で分かりやすいのだ。

・当選と発送の連絡もすごく丁寧で、安心感のあるものだった。付箋をもらったから言うわけではなく、ユーザー思いの対応に一層ファンになった

・ところで、フライドポテトの紹介をします。これめちゃくちゃうまい。

価格:4,480円
(2021/3/4 20:47時点)
感想(0件)

・快活クラブで出してくれるのと同じポテトらしい

https://kotae-writer.tokyo/what-i-want-to-do-and-what-i-have-done/20201224/

・偶然だが、同タイミングでポテトに関する記事「フライドポテトをめちゃウマにする粉を買ったら最高だった!」を読んだ

・冷凍庫に入るかかなり怪しいが、ポテトと粉を買って本当に最高なのか試してみようと思う

・昨日書いた「本の感想を5分喋り、それを基に記事を作成する」というのを早速試してみた。

・2冊の本で試してみたんだけど、1冊は28分になってしまった。コンパクトにまとめるのは想像以上の難易度だった

・ただ、音読すると黙読のときとは違うニュアンスで文章が頭に入ってくることがあったりもした。

・今日の言葉は「信頼

信頼
  • その人やものが、疑う余地なくいざというときに頼る(判断の拠り所とする)ことができると信じて、全面的に依存しようとする気持を抱くこと。また、その気持。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 信じてたよりにすること。信用して任せること。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 信じてたよること。たよりにできるとして信じること。
    (岩波国語辞典第八版)

・自分が事前に想定していた意味に最も近いのは岩波、遠いのは新明解だった。「全面的に依存しようとする気持」は信頼なのかな…?ちょっと違和感がある

・おやすみなさい

3月5日(金)「不安と心配の違い」

・今日もスロースタート。とはいえ午後からでも動けるだけマシになってきたと思っている

・マーケティングの入門本をやっと咀嚼、消化し終わりアウトプットできた

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4763197009/

・頂いた雑誌の簡単な感想も書いた

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/b07f84fq93/

・「【徹底討論】あなたはどっち?お金関係だらしない派vsしっかりしてる派」という記事で大笑いした

永田「そもそもの話だけど、これはレジのお金が合わなくなるからコンビニ側にとっても迷惑行為だよ」

恐山「はい。わかってます」

永田「わかってやってるんだ。じゃあ狂人だね」

ここ大好き

・今「2021年やりたいことリスト」を書いているんだけど、ビジネスとプライベートでリストを分けたほうが良い気がしてきた(面倒くさいのでまだやってない)

・タスクリストや目標リストがないと何をしていいか忘れてしまうのだけど、参照したいタイミングが違うので分けるべきかなと思っている

・そしてビジネスのリストは中長期が殆どなので、「2021年やりたいことリスト」という枠で囲うと大事なことが意外と抜ける(浮かばない)ことがある

・手元のメモ帳で管理しているが、あまり効率的ではない

・明日は図書館に行きたい。午前中動けるといいな

・今日の言葉は「不安」と「心配」。ニュアンスの違いが知りたい

不安
  • 不結果(最悪の事態)に対する恐れに支配されて、落ち着かない様子だ。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 安心できないこと。気がかりで心が落ち着かないこと。また、そのさま。不安心。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 何かが気がかりで、落ち着かない様子(安らぎが得られない)心の状態。
    (岩波国語辞典第八版)
心配
  • 気にかかることがあって好ましくない結果になるのではないかと心を悩ますこと。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 気にかけて思いわずらうこと。気がかり。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①思いわずらうこと。気がかり。
    ②うまく運ぶように気を使って手配すること。

    (岩波国語辞典第八版)

・「あなたが心配で」とは言うけど「あなたが不安で」とは言わないな。言い換えるなら「あなたが不安にさせる」とか?

・不安はあくまでも本人の主観、心配は対象(者)への懸念という感じか。不安はどうしようもないが、心配なら取り除けるかも知れない

・心配はあっても不安のない毎日を生きていきたいと思った

・おやすみなさい

3月6日(土)「ポコチンデーカーJrとチンポコ寿限無」

【恐怖】みんな名付けたはずなのに…【ナンジャモンジャ】




・開始5秒でこうなるだろうと予想はできていたのに、ゲラゲラ笑ってしまった

・今日はこんな感じ。

・今日はここ数日で一番の虚無の日。やる気以前に生気そのものが湧かない日だった。

・全てがどうでもいい。図書館に行けなかったのが残念

・「いまさら聞けないマーケティングの基本のはなし」のレビューを書きました

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4309248837/

・ザラメのまぶされたデカイ飴が食べたい気分だ

・明日こそは図書館行くぞ

・今日の言葉は「魔法」。どう言葉で表現されるのか気になったので。

魔法
  • [伝説の中で]老婆などが使うと言われる魔術。
    (新明解国語辞典第七版)
  • ふしぎな術。魔術。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 不思議な事を起こさせる術。妖術。魔術。
    (岩波国語辞典第八版)

・「魔術」に逃げられた。追うことにする。

魔術
  • 普通の方法では不可能なことを、トリック(特別の訓練)によって、やって見せる術。
    (新明解国語辞典第七版)
  • ①人の心を迷わす術。ふしぎな術。
    ②手品の大がかりなもの。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①人の心を惑わす不思議な術。
    ②大がかりな手品。

    (岩波国語辞典第八版)

・「実在しない」という言葉は入らないのか。ぼくが知らないだけでこの世界に魔法は存在するのか?

3月7日(日)「3週間ぶりの図書館」

・3週間ぶりに図書館に行けた。体調不良による一番のストレスがこれだったので、救われた

・今日はこんな感じで過ごした

・日記をつけ始めてよかったなと思うのは、無気力の日でも最低限書くことからは遠ざからずに済む点だ

・昨日の日記のタイトルひどいな

・昨日ザラメのまぶされたデカイ飴が食べたいと書いた。今日スーパーに寄ったら「松屋製菓 みぞれ玉」を見かけたので買ってきた。めちゃくちゃ美味しいので大満足している

・明日は読書や執筆はせずに、たまったタスクの整理をする

・とはいえ書くこと自体が溜まっているので、結果的に書くことにはなる

・今日の言葉は「勝負」と「ゲーム」。

勝負
  • (命や生活を賭けて)勝ち負けを争うこと。また、その勝ち負け。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 勝ち負け。勝敗。勝ち負けを決めること。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①勝ち負け
    ②勝ち負けを決めようと争うこと。また、そういうわざ。ここ(これ)で決めてしまおうという態度をとること。

    (岩波国語辞典第八版)
ゲーム
  • ①勝ち負けを行う遊び。多く、二人、または二人以上で行う。
    ②[スポーツなどの]試合。

    (新明解国語辞典第七版)
  • ①遊び。勝負ごと。
    ②競技。試合。
    ③「ゲームセット」の略。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • (ルールのある)遊び。勝負事。(ア)競技。試合。(イ)テニスなどで、セットの中の勝負の一区切り。(ウ)専用の機器やパソコン・スマートフォン上でするもの。
    (岩波国語辞典第八版)

・受動的に参加させられることがあるのが「勝負」、能動的に楽しむために参加するのが「ゲーム」だと思っていたけど、そういう表現はなかった

・命や生活が賭けられているか否かで勝負かゲームかが分かれるなら「デスゲーム」っていう表現はおかしい気がする

・岩波の「ルールがあるかどうか」が境界線というのは確かに納得ができる

死ぬまで声を大にして言い続けたいんだけど、人生は『撒いた種しか実らん』。それと『不幸の種に水をやってはいけない』これに尽きる。

・いい言葉だけど、このポスター思い出しちゃった

・見かけるたびに「受けたからじゃないの」と思う

結果が出た時に「なんで自分が」と思うような目標を持ちたくないな…

・ところで一番右の人だけなんで学部名なんだ?川崎医科大学とかなのかな

3月8日(月)「雑務の片付け1日目」

・今日はこんな感じ

・昨夜、「未完了のタスクリスト」を書いてみたらA4の用紙が真っ黒になって流石に焦った

・というわけで昨日は早々に目を閉じて、来る今日に備えた

・ところが起きたのは12時頃だった。弱い自分が現実から逃げたんだと思う

・そして起き抜けに大盛りのガーリックライスを作って食べた。昨晩この動画を見たせいで食べたくて食べたくて仕方なかった

・めちゃくちゃ美味しかったんだけど、食べ過ぎで眠くなってしまい虚無の時間を迎えた

・愚か過ぎる

・というわけで、15時頃からようやく重い腰をあげた

・適度な焦りと反省の気持ちも相まって、かなり捗ったので結果オーライ

・そうそう、以下のTweetを見たので今日から一日一食生活を試してみることにした

1日1食を90日続けた結果、6㎏痩せてポッコリお腹が凹んだ。30歳を超えると体質は激変。痩せ型の私はお腹だけが出るひょうたん体型に変身。その後「空腹こそ最強のクスリ」を読み、1日1食生活を実践。元の体型に戻り、妻も驚いた。そのうえ1日2食分の食費18万円も浮いた。頭は冴えるし、お金も貯まる。

愚かさは悪よりもはるかに危険な善の敵である

ボンヘッツァー

・というわけで今日の言葉は「愚か

愚か
  • 知能の働きが鈍く、的確な判断力に欠ける様子だ。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 知恵や思慮の足りないさま。頭のはたらきのにぶいさま。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • あり方・仕方に欠けたところがあり、適切でないさま。
    (ア)知恵・思慮が足りないこと。
    (イ)そうするのがばかげた行為であること。
    (ウ)《「…は-の形で」》…は無論、その上さらに。▷もと、おろそかの意。

    (岩波国語辞典第八版)

・さすが岩波、愚かさに厳しい。

・知能のレベルが低いことだけを取り上げるのでなく、あり方・仕方に欠けたところがあり、適切でないとするのは実に岩波らしい。好きだ。

・明日は友人とエヴァを観た後、エジプト展に行くぞい

3月9日(火)「残された人」

・何でも話せる人はしばしば、何でも言っていい人と勘違いされる

・何でも言えるのは「気を許す」、なんでも言っていいは「気を使わない」

・友人と「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を観てきた

・感想は別途記事にするが、めちゃくちゃ良かった

・エジプト展に行こうと思い両国に移動したが、時間の都合で諦めた。思ったより映画が長かった

・両国に来て何もしないのもどうかと思い、肉のヤマキ商店で焼肉丼を食べた。炭火焼き+大ボリュームで大満足

・二日目にして一日一食を早速破ってしまった。何してんだ

・その上、帰り道にフランクフルトやらアイスやらを買って食ってしまった。

金を払って太っている。ぼくは一体何をしてんだ

・コンビニでたまたま「大学4年間のマーケティング見るだけノート」が目に入ったので購入した。

・「マーケティングを学ぶ」と決めてから、やはり目に入る情報量は圧倒的に増えた

・宝島社の「見るだけノート」シリーズはかなり売れているようだ。

当シリーズは、IKEAの組み立て説明書がまったくテキストなしで説明できていることに衝撃を受け、こういうものを勉強本でできたらいいなと思ったことがきっかけで企画しました。
もともと同様のジャンルの本を作ってきましたが、学習本の図版は2Dのイラストやフローチャートばかりで面白みに欠けるので、仏像のイラスト図鑑を見て、3Dのイラストにしたら面白いなと。図解本やマンガのビジネス書はすでにあったのですが「本文がない本」「イラストで眺めるだけの本」はなかったので、長々とした本文は一切省き、眺めるだけでだいたいわかる、高速学習本を目指しました。忙しいビジネスパーソンや勉強嫌いの大学生にピッタリの本です。

・シリーズも今日現在で40冊以上刊行されている。面白かったら次も読んでみたいな

・今日の言葉は「約束

約束
  • ①必ずその通りのことを実行すると相手に伝え、了承を得る(相互に取り決める)こと。また、その内容。
    ②それに従うことが不可欠な(当然の)こととされる、その世界における(不文律の)決まり・慣習や記号に与えた意味付けなど。

    (新明解国語辞典第七版)
  • ①たがいにある物事についてあらかじめ取り決めること。また、その内容。
    ②-①前もって定まっている運命。因縁。
    ②-②ある社会や団体で、あらかじめ定められているきまり。ルール。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①相手に対し、または互いに、取り決めを行うこと。その取り決めの内容。
    ②(社会一般に約束(手形)として通用する)規定。
    ③かねてから定まっている運命。約束事。
    ④将来そうなることがほとんど間違いない。

    (岩波国語辞典第八版)

・新明解は「必ずその通りのことを実行する」と、責任を強調しているのが興味深い

・今読んでいる本に「自分との約束を守ることで自己効力感が上がっていく」とあるのだけど、その文脈では新明解の「約束」が最も意味合いが正しい気がする

3月10日(水)「風待ちの船」

・予想通り、今日は動けない日だった
(一日出かけた次の日は身体スイッチがオフになってしまう)

・今日はこんな感じ

・ウェビナーナイル×LIG共催!コンテンツ企画と効果測定の方法を教えます なんとなく記事を作ってしまっているあなたへに参加した。

・LIGの斎藤さんによる「認知? CV? 目的別のコンテンツ企画法を成功事例と合わせてご紹介!」はめちゃくちゃ良かった

マーケティングファネル別・コンテンツ企画の型がもっとも印象に残った。3つのフェーズにユーザーを切り分け、訴求方法を考えるというのはまさにマーケティングの基礎部分。本で得た知識が「実務ではこう生きるのか」と繋がった瞬間だったので納得感もひとしお

・BlogやるならLIGの記事は全部読んだほうが良い

・聞きながら「やはり書評ブログは、ジャンル超特化型あるいはまとめ記事型以外の形では伸ばすのは難しそう」と思った

https://kotae-writer.tokyo/blog-technical-talk/its-hard-to-make-money-with-a-book-review-blog/

ブログに関する勘違い
×「記事を書く」→「収益になる」
○「記事を書く」→「価値を提供できる」→「収益になる」

誰かを喜ばすことを考えて記事を書くと自然にPVも収益も伸びるはず。
逆に、記事をどれだけ書いても人の役に立たなかったら1円にもならない。

・今日は本を3冊読了できた。明日、記事にしよう

・最近、人と話していて言葉や表現を褒めて貰える機会が本当に多い。ありがたい話だ

・今日の言葉は「充実

充実
  • 必要な内容・設備・力が十分に備わっていること。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 内容が十分で豊かなこと。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 内容が満ち満ちていて豊かなこと。力が豊かにそなわってしっかりしていること。
    (岩波国語辞典第八版)

・単に何かがいっぱい入ってることではなく、豊かであることが共通している。それはそうよね

・時間もBlogもそうだな

・寝ます。おやすみなさい

3月11日(木)「bundle」

無計画は失敗を計画していること。

成功する人間は賢く、先を見越して生きている。
そもそも先の見えない人間に多額のお金は稼げない。

兎に角目的を見失わないこと。

人生の目的は幸せになること。

それは自分だけではなく、共に生きる人の幸せと深く関わっている。

・いい言葉だ

・今日はこんな感じ

・一昨日出かけた疲れが抜けない。ただ予測できていたことなので、まったりゆっくり過ごしている

・最近「Typewriter」という曲にハマっている

・この曲を聞きながらタイピングするのと心地よいのだ

・これから執筆するので今日の日記は短め。この曲をかけながら記事を書くことにする

・今日の言葉は「天使

天使
  • 天の神の使者として人間界に派遣されるという使者。エンゼル。
    (新明解国語辞典第七版)
  • ①神の使者。神意を人間に伝え、人間の祈りを神に伝えるという。エンジェル。
    ②(比喩的に)清らかな心を持ち、やさしくいたわり深い人。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • ①キリスト教で、天の使いとして人間界に遣わされ、神の心を人間に、人間の願いを神に伝えるもの。エンゼル。
    ②比喩的に、やさしくいたわりぶかい人。きよらかな人。

    (岩波国語辞典第八版)

・神様はいるのだろうか。いたとして、何か考えてるんだろうか。

3月12日(金)「I think I can」

・今日の一日はこんな感じ

・午前中は死んでいたが、「図書館に行く」「執筆する」という自分との約束を守れたので素晴らしい一日になった

自分との約束について最近感じることがあるのでメモしておく。

・過去を振り返ってみると、自分との約束というよりも、自分への命令や強制が多かったように思う。今の自分にはできないことや、今日の自分がやらなかったことなどを未来の自分に押し付けるような計画ばかり立てていた。昨日の自分がやらなかったことを今日の自分ができるわけがない。だが、都度「自分は決めたこともできないダメなやつだ」と自己嫌悪に陥っていた。実にバカバカしいが、10代~20代前半にかけての自分はこんな毎日を送っていて、酷く惨めで自分のことが嫌いだった。
友達と約束をする時にはお互いが楽しいことを決めていたのに、なぜ自分自身には厳しい約束(というより条件)だけを課していたのだろうか。自己肯定感の低さと意識の高さ、焦燥感がそうさせていたように思う。自分とする約束は、翌日晩の自分から感謝されるものだけにしよう。明日が楽しみにならないような約束をし続けたところで、人生が楽しくなるはずがないのだ。

・今日の言葉は「立派

立派
  • ①内容(外観)が優れ、多くの人から称賛を受ける様子だ。
    ②(予測されていた段階を超えて)最低限必要な条件を満たしており、非難すべき点は無いと評価される様子だ。

    (新明解国語辞典第七版)
  • すぐれてみごとなさま。欠点がなく感心させられるさま。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 非難する所が見つからないほど、すぐれて堂々としているさま。完全と言っていいほど見事なさま。
    (岩波国語辞典第八版)

・新明解の②以外、あんまりしっくりこない(意味はわかる)

3月13日(土)「『誠実に対応しなくてもいい人の箱』に入れられた人」

・今日は朝から気落ちする出来事があった。どうにも切り替えが上手く行かず、結局一日中ゲンナリしてしまった

・今日の24時間はこんな感じ

・怠かった割にはよく動けた気がする。前日の自分との約束の仕方がうまくいったのを感じる

・昨晩、こんなTweetを見かけた

死にたくなったら飯を食え。落ち込んだら風呂に入れ。何もしたくなくなったらせめて白湯を飲め。身体はな、寒くなったりエネルギーが不足するとネガティブモードへ簡単に移行するぞ。とにかく身体を温めろ。話はそれからだ

・早速やってみた。プラセボなのかも知れないが、確かに白湯は効果的だった

・今日は図書館に行く予定だったが、生憎の天気だったため明日にした

・4月の半ばから友人とコワーキングスペースの定期を購入し、2ヶ月ほどお試しで通ってみるつもりだ。家にいるとやらないので「疑似出勤」するイメージ

・今日の言葉は「勉強

勉強
  • [そうする事に抵抗を感じながらも、当面の学業や仕事などに身を入れる意]
    ①物事についての知識や見識を深めたり特定の資格を取得したりするために、今まで持っていなかった、学力・能力や技術を身につけること。
    ②そのときは後悔したりそうしなければよかったと思ったりしても、将来の大成・飛躍のためにはプラスとなった経験。

    (新明解国語辞典第七版)
  • ①学問や仕事など、物事に努め励むこと。
    ②知識や技能を学ぶこと。
    ③将来に役立つ経験や試練。
    ④商品などを安く売ること。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 無理にでも(=強)努力して励むこと。
    ①仕事に精を出すこと。(ア)学業・技能などを身につけようと努力すること(イ)今後、事を処するのに役立つ、身にしみる経験。
    ②商人が品物の値段を安くして売ること。

    (岩波国語辞典第八版)

・旺文社以外は「勉強はいやいややるものだ」とハッキリ書いている。非常に良い。

3月14日(日)「悪魔と小悪魔」

・今日は朝から図書館に行ってきた。本を返しつつ、予約本を受け取ってきた。

・「悪魔の図鑑」を借りたかったのだが、予約のときにクリックミスをしたようで「小悪魔な女になる方法」が届いてしまった

・今日の一日はこんな感じ

・今日は文具屋で「キャンパス スタディプランナー」というルーズリーフを買ってきた。

・毎夜「明日やることリスト」を作っているので、書きやすくなればいいなと思ったのだ。2週間くらい使ってみて、良かったら記事にしようと思う

・3月に入ってからのメンタル・タフネスシートがこちら。2月のものと見比べるとかなりマシになっている。継続を記録すると、自分の成長を実感しやすくなるな

・少しずつ体力が回復して出来ることが増えてきている。素晴らしいことだ

・今日は髪をすいた。切った髪の毛をまとめたらデカめのネズミくらいボリュームがあった

・なんか書きたいことがあったような気がするが、もう眠たい。

・今日の言葉は「小悪魔」。間違って借りた本のタイトルである。

・薄々分かっていたが、いつもの3冊には載っていなかった。辞書に存在しない言葉が商業出版された書籍のタイトルになってるってよくよく考えると怖いな

・出典元として相応しいかは一旦脇に置くとして、ニコニコ大百科によると「小悪魔」は次のような意味の言葉だそうだ。

小悪魔

一見ふつうの女性(一般的には少女を指すことが多い)だが、頭が切れ、計算高く、悪知恵が働く。
さりげなく自分のペースで物事を運ぼうとするので気まぐれにもみえるが、頭の中で何を考えているのか分かったものではない。

また公の場では猫かぶっていることもあり、ぱっと見では優等生タイプも少なくない。
学園(クラス)のアイドルだったりすることも。

中にはいたずら好きなタイプもいる(ドSだったりトラブルメーカーだったり)。
さり気なく相手をイジるのが大好きで、反応を見て楽しむ。涼しい顔で毒舌を吐いたりすることも。

もしくは、可愛らしい仕草やあの手この手で男性を手玉に取ってしまう女性。
ニコニコなどではその様子を指して「あざとい」という言葉で表現することもある。

単に「小悪魔」と言った場合は女性を指して使うことが多いようだが、世の中には逆に女性を手玉に取る「小悪魔男子」というものも存在するとか。

小悪魔の「小」は、少しという意味と、若いと言う意味の二つがある。
ここに本文を入力

・「妹系女子」「犬系男子」などと同じジャンルの言葉か?

・そもそも、これになってどうするんだ?わからん。

・なんとなくこれを思い出した

神学部を出たのに神になろうとは思わなかったんですか

「教育学部を出たのに先生になろうとは思わなかったんですか」みたいなことを聞いてしまう採用担当は、基本的に大学教育や教師という職業に対して無理解か、質問があまり上手ではないタイプなんだろうなと思う。

・英語圏にもこれに似た言葉はあるのだろうか?と思い調べたところ「nymphet」や「tease」がそれにあたるらしい

・どこの国にもそういう女やそれを好く男というのはいるのね。僕にはゲテモノ食いに思えるが

3月15日(月)「空気人形」

・今日は色々あって遅くなってしまったので短め。明日補足する

・本を5冊買った

・本を2冊読んだ

・映画『空気人形』を観た

https://kotae-writer.tokyo/movie-reviews/kuki-ningyo/

・病院に行ったが、医者の踏ん反り返り方にムカついてしまった。(他の先生に診察を変わってもらいたいと告げたのでヨシ)

・ぼくは「先生」と呼ばれる仕事をする人と昔から相性が良くない

・タスクが溜まっている

何かを先延ばしにするのってタチの悪い弱毒性のストレスだな。ずっとチクチクストレスを与えて、楽しいことも少しばかり楽しくなくなる。こういうのが一番良くないし、トータルで見たストレスが一番大きくなるやつだから、やっぱりやるべきことはさっさとやるに限る。

・マックで衝動的に1,844kcalも摂取した

・親しい人たちにギフトを送った(ホワイトデーにつき)。好きな人にお金を使うのは実に気分がいい

・今日の言葉は「恵み」と「恵む

恵み
  • めぐむこと。また、そのもの。ほどこし。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • めぐむこと。いつくしみ。恩恵。施し。
    (岩波国語辞典第八版)

・「恵み」は新明解には載ってなかった。驚いた

恵む
  • ①情けをかける。あわれむ。
    ②かわいそうに思って、金や物を与える。

    (新明解国語辞典第七版)
  • ①困っている相手に同情して金品を贈る。ほどこす。
    ②慈しみをかける。あわれみいたわる。

    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 情けをかける。(ア)慈愛の心をかける。恩恵を与える。▷現在では、普通、受身の形で使う。
    (イ)施し物をする。あわれに思って金銭や品物を与える。

    (岩波国語辞典第八版)

・この二つの言葉の微妙なニュアンスの差から、人間の傲慢さが滲み出ている…あまり好きな言葉ではない

・明日もやることがたくさんあるので今日はもう寝る

・日記を書いただけ偉い

・おやすみなさい(22:18)

3月16日(火)「しまじろうとそらとぶふね」

・今日はこんな感じ

・友人(三歳児)と映画「しまじろうとそらとぶふね」と観た

・キャラメルポップコーンってなんであんなに美味しいんだろう

・スマホゲー(スマホ)に考え事をするための細切れの時間を奪われているということにようやく気がついた

・スマホと同じサイズのメモ帳でも買おうかな。事あるごとにそれを取り出すようにしよう

・「スマホサイズ メモ帳」で調べても全然出てこない。意外と無いのか

・30分も調べたが刺さるのが出てこない。明日駅前の文房具屋に行って、実際にみて選ぼう

・あと原稿用紙も買うぞ(備忘)

・文房具と本、パソコンに関するもの以外で欲しい物がもうない

・100万もあれば全てが手に入るのだから、さっさと稼いで欲しいものなくすぞ

・あ、今は自転車が欲しいんだった

・今日の言葉は「堂に入る

堂に入る
  • 学術・技芸などがすぐれた段階に達している。また、すっかりなれて、自分のものとなっている。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 学問・技芸などが深奥に達する。
    (岩波国語辞典第八版)

・おやすみなさい(22:45)

3月17日(水)「文房具を選ぶのは楽しい」

・今日はこんな感じ

・今日は読書もアウトプットもいい感じでできた良い日だった

・スマホサイズのメモ帳と原稿用紙、コピー用紙を買ってきた。やったぜ

・記事を書きながら調べ物をしている時間はかなり楽しい

・今日の言葉は「生き甲斐

生き甲斐
  • 生きていることに意義・喜びを見いだして感じる、心の張り合い。
    (新明解国語辞典第七版)
  • 生きている価値。転じて、生きていくはりあい。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 生きているだけのねうち。生きている張り合い。
    (岩波国語辞典第八版)

・「張り合い」という以上、そもそも努力していない人や、競争に参加していない人には感じづらい心持ちなのかも知れない。生き甲斐を持っている人の方が生きづらいに違いない

・今日はこれからもう一仕事ある

・おやすみなさい(22:08)

3月18日(水)「ルールとパターン」

・久しぶりにマトモなブックレビュー記事が書けた

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4140885475/

・内容を咀嚼するのがめちゃくちゃ大変で、6時間位かかった。良い読書体験だった

・今日はこんな感じ

・今日は明確な理由はないが死にたい日だった

・山盛りのフライドポテトとフライドチキン、揚げたこ焼きとポップコーンを食べてもダメで、途方に暮れるしかなかった

・詩を書いて貰った。素直に嬉しい

冷たく硬い土の中
這いつくばって
今か今かと時を待つ
急かす事なかれ
焦らずとも
根のある君には
花が咲く

・自分のアンバランスさを吐露したら「その不安定さが鋭さに繋がっているのだと思うの」とも言われた。人の暖かさが身に染みる一日でもあった

・書いていて気付いたが、僕は死にたいわけではなく休みたいんだと思う

・食べ過ぎでお腹が重たい

・保留にしているタスクがめちゃくちゃあって、過去と未来の自分が怒っているのかもしれない

・クライアントが納品した文章に喜び、追加報酬としてローソンで使える商品券をくれた。ありがたい。

・現在23:27だけど、気分転換も兼ねてローソン行ってこようかな。散歩だ。

3月19日(木)「ぽっぽはどこだ」

・今日はこんな感じ

・昨晩、あまりにも寝付けないので結局散歩に行った

・夜中に大盛りのペペロンチーノを食べた。愚かしいが美味かった

・3時頃ぶっ倒れるように寝た

・で、約束があったので8時頃起きた。眠たかったが起きて偉かった

・ロビン役の山口由里子さん、声の印象に反して天然で可愛い人だ

・3月26日「小説宝石」買いに行こう

・もう外はあったかいな。日中はコートが邪魔に思えた

・出先で映画「空気人形」のレビュー記事を書いた

https://kotae-writer.tokyo/movie-reviews/kuki-ningyo/

・昼食はぽっぽ。「丼ぶりポテト」を頼んだら、丼に盛り付けられたフライドポテトが出てきてびっくりした(?)

「どんぶり野郎はテメーだ」と言わんばかりの威圧感

・にゃんこ大戦争のグッズがいっぱい展開されていてワクワクしたが、鉛筆も付箋も消しゴムもなかった。グッズばかりだったので残念ながら金を落とせなかった

・「端材をあつめた付箋パック 大容量」という商品がおいてあった。図書館の本をドッグイヤーにするわけにはいかないため、付箋はかなり使う。次からこれ買おうかな。

・「誕生日プレゼント何が欲しい?」と今聞かれたら、A4コピー用紙と付箋が欲しいと答える。一生分欲しい

・Blogの方向性を決める打ち合わせを友人としてきた。かなり楽しかったし有意義だった

・23:43。体力の限界だ。おやすみなさい

3月21日(日)「たまる」

・今日はこんな感じ

・昨日に続き無気力の日でした

・やりたいこともやらなくてはならないこともあるんだけど、どうにも

・未消化のタスクが増え続けていくと絶望する

・せっかくダイエットできていたのに、今週は暴飲暴食に走った。愚かしい

・今日の言葉は「教養

教養
  • [一人前の社会人として教え育てる意]
    ①文化に関する、広い知識を身につけることによって養われる心の豊かさ・嗜み。
    ②(自己の)専門以外に関する学問・知識。

    (新明解国語辞典第七版)
  • 広い知識から得た心の豊かさ。はば広く精神(知・情・意)の修養を積んで豊かな精神的活力を身につけていること。また、文化に関する深い知識。
    (旺文社国語辞典第十一版)
  • 学問・知識を(一定の文化理想のもとに)しっかり身につけることによって養われる、心の豊かさ。
    (岩波国語辞典第八版)

・学校生活において、成績いいヤツの方が人としても優れていることが多かったのを思い出した

・もう寝ます(20:43)

3月22日(月)「フェアじゃない気がした」

・今日はこんな感じ

・割と活動的に過ごせたかな

・今「小さな会社の売上を倍増させる最速PDCA日報」という本を読んでいる。愚直にマーカーを引きながら読んでいる。そして、愚直に指示される通りワークをこなしている。

・「騙されたと思って」という言葉のような気持ちでやっているが、やったらやったで得るものはちゃんとあるので信じて最後までやってみようと思っている。

・友人がBlogに記事を上げていた

・一昨日「一緒にBlogやろうよ」と話したことと関係があるかは分からないが、単純に彼の文章が読めること、もし関係があるならすぐに行動に移してくれたことが嬉しい

・計画は自分が、行動の指針づくりは彼が得意なので、やりながら試行錯誤すればきっと良いものが作れると思っている。今から楽しみだ

・それはそうと、未読の本が80冊近くたまっている。流石に負債を抱えている気分になっている。気が重い

・年始に作成した「2021年やりたいことリスト」に積ん読についての項目があったが消した。積ん読は自分には合わないことが(改めて)わかった

・↑にあわせて、いくつかの項目を追加・修正した

・明日は図書館に行こう。予約していた本が3冊届いているので引き取りに

・20:50 おやすみなさい

3月23日(火)「家族という病」

・今日は充実していた。こんな感じ

3月19日の余韻が抜けず、ついに買ってしまった

ジャジャーン!

・中はこんな感じ

・ここにお気に入りのペン4本を入れて完成!

・一応、友人の分のペンケースも買った。アラサーの男たちがお揃いで使うのはどうかと思ったが、自分だったら買ってくれたことを喜ぶと思うので一応

・今日はブックレビューを2記事書いた

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4804716305/

https://kotae-writer.tokyo/book-reviews/978-4804703268/

・友人も記事を書いていた

・ふと、「4月は国立に行こうかな」と思った

・齢33にして、ようやく旅の楽しみ方が分かってきた気がする

・あれこれ考えながら日記を書いていたら1時間がたっていた。読書の時間なのでここまでにしよう

3月24日(水)「ぼくは600族」

・今日はこんな感じ

・3の倍数の日は図書館に行くと決めている。今日は少し離れた街の図書館に行った

・3時間の読書、3時間の執筆といい感じに過ごせた日だった

・サイゼのカレー(ランチ)を食べた。めちゃくちゃ美味しかった。無敵かこの店は

・溜まっていたネタも随時記事化している。「完成するまでやる」ではなく「そのネタについて90分考えて書く時間を持つ」にルールを変えただけで捗るようになった

・一日一記事ではなく、数日に一度まとめて複数記事を公開することになると思う

・今日は嬉しいお届け物が2つ届いた。

・1通目は友人のマリリンから届いた文庫本のセットだ!(ありがとうございます)

・久坂葉子は聞いていたが、落語の本はサプライズだ!記事読んでくれたのかな…嬉しい!

・2通目は某学習塾の資料。先日読んだ本にアンケートハガキが入っていたので回答した。資料が欲しかったのでその旨を書いて送ったのだ。詳細までは読み込めていないが、かなり充実した支援体制があるらしく、やろうと思えばできると感じた。冊子一つで空想も現実的になるものだなと思った

・図書館で読みたい本が何冊も見つかった。幸せだ

・とは言え手もとには、借りてきた本を含めて70冊以上が積み上がっている。どうするつもりなのか

・ここ3ヶ月間ほど「ゲームのように学びスキルアップするにはどうしたら良いか」を考えていた。やっといいアイディアが浮かんだので、明日具体化する

・色々考えながら書いていたら2時間経っていた

・日付を回ってしまったので寝ます。おやすみなさい(0:48)

3月25日(木)「宇宙ごと抱きしめるよ」

BUMP OF CHICKEN「新世界」

・今日はこんな感じ。ほぼ虚無

・アイスとポップコーン食ったうえにレモンサイダーまで飲んだけど元気は出なかった

・今日の振り返りも明日の計画を立てることもしたくないからしない

・読書も執筆も今日はおやすみ

・ただ「自分のスキルアップを可視化して楽しむにはどうしたらいいか」は具体的になってきた。これは良い

・もう起きてられん。おやすみなさい(20:24)

3月26日(金)「25時間」

・今日はこんな感じ

・カオスな日だ。寝ても途中覚醒してしまい、安眠できなかった

・昨日の落ち込みを踏まえて、今日は自分を接待する日にしようと思った。癒し、励まし、甘やかし、元気づける日のこと。実際にやってみたのはこんな感じ

  • 何をしてほしいかを自分に繰り返し尋ねる
  • 未完のタスクが気になるので、それらを整理
  • 考えたことの言語化
  • うまい豚丼、レモン西田d-、キャラメルポップコーンなど
  • カフェで思考の整理(これは◎)
  • 漫画を読む

・立ち直るのに時間がかかりそうな雰囲気があったが、25時間ほどで腹落ちした。結局自分を救ってくれたのは、文字と言葉、すなわちコミュニケーションと文筆だった

・恋愛がしたい人は、彼氏彼女が欲しいのではなく、自己効力感が欲しいのではないかという仮説

・気になっていたマンガ『ブルー・ピリオド』を読んだ。素晴らしかった

・「爪切りは口をひらきてわが生の真白き淵を噛み切りにけり」筒井宏之さんの短歌は素晴らしい

・この短歌おかげで、自分のテーマをどう形にするか決まった

スプーンというアプリで毎日20分朗読をすると決めた

・時刻は0:38。おやすみなさい。今日はよくやった

3月27日(土)「泳げ!ナンヨウハギ」

・今日はこんな感じ

・自宅でクラゲが飼いたい。虚無の時間はそれを眺めていたい

・ダメ元で調べたら、工夫次第で飼うことはできると分かった。生きる気力が湧いてくる

・3年後に海外移住をする予定だ。移住先に、フランスを検討し始めている

中央区立図書館では、「子ども読書手帳」というものを配布しているらしい。本を楽しく読めるように工夫している。すごくいいなこういうの

・最近は毎週違う図書館に行くのだけれど、コーナーの作り方やポスターの内容などが館ごとに違う。足繁くに通っているとそういうことに気がつく。図書館の活動に改めて興味を持ち始めた

・現在MTG ARENAのアカウントを手放すためにログインして所持カードのスクショを撮った。我ながら随分集めたなと思う

・タスクが溜まっている。マズい

・ポッポコーンは今日もうまい

・友人が記事を書きました

・タランティーノといえば、『トゥルー・ロマンス』観たいんだよな

・雑務を片付けてから日付が変わる前に寝ます。おやすみなさい(23:13)

3月28日(日)「Sea Moon Bookmark」

・今日はこんな感じ

・「ぶんぐまる」という文房具(OA含)に連れて行って貰ったが、ここがめちゃくちゃ楽しかった

・そこで海月の栞を買いました。サイコー

・あと蛍光色のまとまるくん(オレンジ)とか、A4の画用紙とか、欲しくなっちゃったものは概ね全部買いました

・また行きたい。文房具屋好きだ

・今日は(かなり遅れての)誕生日プレゼントを頂いた。ありがたい。

コトラーのマーケティング本(※高い)と大量の付箋。どちらもめちゃくちゃ嬉しかった。応援してくれている人がいることがありがたい

・本が溜まっている

・記事も溜まっている

・雑務も溜まっている

・というわけで、明日は一日アウトプットの日にするぞい

・8割完成している記事がそれなりの数ある。はやく公開したい

・友人が映画『ターミネーター』の鑑賞記事を公開していた

・今日は疲れたが有意義だった。おやすみなさい(23:40)

3月29日(月)「アウトプットの日」

・今日はこんな感じ

・昨晩2時を過ぎても眠れなかったので、朝は怠くて仕方なかった

・とはいえ、起きたらすぐ支度をしカフェに向かえたのは◎。そのまま読書と執筆作業もできた

・今日は2記事を公開しました

・友人も記事を公開していた

・充実した一日だったわけですが、21時にしてもう眠いです。反動がすさまじい。

・昨日寝られなかった時間で今日の行動予定表を作ってみたのだけれど、それが効いている気がする

・だめだ。限界。おやすみなさい(21:55)

3月30日(火)「全部出鱈目」

3月13日に「コワーキングスペースへ擬似出勤、Blogを育てる」と書いたが、時勢柄リスクが大きいように思う

・そのため、自宅に作業スペースを確保し快適に作業ができるようにすることにした

・上記ふたつは確定。他に、キーボード、ヘッドフォン、モニター×2、モニターアームを買うつもりだ

ざっくり予算 ¥155,000くらい

  1. デスク ¥17,730
  2. キーボード ¥20,000
  3. ノイズキャンセリングヘッドホン ¥30,000
  4. モニター ¥30,000×2個
  5. モニターアーム ¥21,056
  6. PC台 ¥5,399

・思ってたよりもずっと安い

・MTGアリーナのアカウントを売りに出すことに決めた。いくらくらいで欲しがって貰えるのかは不明だが、上記いずれかと交換できると良いな

・細々と気になることをポケットサイズのメモに書き留めていた。今日はそれを全部クリアした。えらい

・ずっと話したかった人と話せたので良い日だった

・文芸の創作を始めた。表現の幅をもたせたくて、HTMLやCSSと格闘している

・フランスに関する本を沢山借りてきた。随時読んでアウトプットするぞい

・映画『マイティ・ソー』のレビュー記事を友人が公開した。だんだん文章や構成がうまくなっている

・これから30分ほど朗読をした後、眠ります(22:10)

3月31日(水)「不眠有給」

・今日はこんな感じ

・今日は4時間ほど読書の時間が取れた。単行本1冊、新書2冊を読み終えた

・進捗が60%くらいの下書き記事がかなりの数ある。気を見て更新しなければ

・とはいえ、先日タスクリストを作ってからかなりスッキリし始めてはいる

・明日は友人と渋谷に行くぞい。メディアの打ち合わせをする

・今日は用事のついでに秋葉ヨドバシに行ってきた。モニターとキーボードが想像以上の数並んでいて、すごく楽しかった。もちろん買うものも決めた

・昨晩はあまり眠れなかったのでヘトヘトなのだけど、あと少しだけ作業をして眠ります。おやすみなさい(22:12)

・3月の振り返り記事を書くのを忘れていた

(3月の振り返りはこちら)

https://kotae-writer.tokyo/diary/summary-of-202103/

(翌月の日記はこちら)

https://kotae-writer.tokyo/diary/april-2021-diary/

2021.04.04 kotae

  • おすすめの投稿がありません